イベントプロデュース

子どもたちも保護者たちも楽しめる充実したイベントを
園の行事として開催する支援をします
園の行事だから参加者も安心

親子イベントレポート

「丸美屋おむすびキッズ」(埼玉県鳩ヶ谷市 ゆりかご幼稚園にて)

「丸美屋おむすびキッズ」(埼玉県鳩ヶ谷市 ゆりかご幼稚園にて)
子どもの心と体の成長に密接な「食」への関心が高まるなか、丸美屋食品は保育現場の食育活動を支援しようと11月6日にゆりかご幼稚園(埼玉県鳩ヶ谷市、門平忠正園長)で食育イベントを開催しました。 丸美屋おむすびキッズと名づけられたこのイベントには、年長組み親子70名が参加。管理栄養士の指導のもと、子どもたちは「混ぜ込みわかめ」(温かいご飯になじませるタイプのわかめごはんの素)を使ったおむすびづくりに挑戦しました。
「丸美屋おむすびキッズ」(埼玉県鳩ヶ谷市 ゆりかご幼稚園にて)
料理の主体は子どもたち。お母さんがやさしく見守ってくれていることに安心しながら、子どもたちはラップを切り、ごはんを盛り、おむすびをつくりました。「すごい!じょうずにできたね」「やればできるね」などとお母さんたちが子どもたちを褒める言葉があちこちから聞かれ、ひとりでできたことに子どもたちも満足そうでした。(中略)
「丸美屋おむすびキッズ」(埼玉県鳩ヶ谷市 ゆりかご幼稚園にて)
参加した保護者からは、「食育の話を聞いたり、みんなと料理をしたりする機会もなかなかないので貴重な体験だった」「家では片付けが気になって子どもの自由にすることができないでいたので、こうしてひとりで調理をさせてあげることができて良かった」などの声が聞かれました。 (2008年12月22日発行「パステルIT新聞」より)

本イベントの企画からその後の展開まで

  • イベントの企画
  • 運動会でのサンプル配布
  • 家庭へのイベント事前通知
  • イベント開催
  • イベント写真のネット共有
  • 給食時や遠足でのおむすび談義

ポイント

イベント数週間前の運動会では、食材のサンプルを参加賞として全家庭に配布して大変喜ばれました。イベント時の写真はネットアルバムで共有し、家庭でも閲覧・ダウンロードしていただきました。その後の遠足や毎日の給食では、しばらくおむすびを自分でつくってきたことを自慢してくれる子どもたちが多かったそうです。1日のイベントに終わらせず、できるだけ前後の認知機会や楽しみを増やすことがポイントですね。